丹波篠山

 丹波地域は、兵庫県側は篠山市及び丹波市、京都府側は亀岡市、南丹市、船井郡京丹波町、綾部市、福知山市の2府県にまたがります。 江戸時代には、一国を有する大名はなく、7藩(丹波亀山藩、園部藩、綾部藩、山家藩、篠山藩、丹波柏原藩、福知山藩)を有しましたが、そのうち丹波亀山藩と篠山藩は京都や大坂に近いため幕府の重責を担った譜代大名による移入封が多く、徳川幕府が重要視する藩の一つでありました。すなわち、丹波篠山とは市制都市名ではなく、丹波地方の篠山を総称して、古来より『丹波篠山』と呼ばれているのです。よって、丹波篠山市という市は、存在しません。

そんな丹波篠山は、交通の便にも、自然に恵まれ、最近は観光地としても有名です。

秋には、丹波松茸、丹波栗、山の芋、黒豆の枝豆。冬にはボタン鍋と食の宝庫である丹波篠山。ここ数年は、黒豆の枝豆を求めるお客さんで秋の篠山はごったがえしてます。

また、2015年には、「日本遺産」に、篠山市が申請した『丹波篠山 デカンショ節ー民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶』が認定されました。

益々目が離せない丹波篠山へ是非お越し下さい。

収穫体験

  • 枝豆狩り

    丹波篠山と言えば黒豆の枝豆!黒豆の枝豆と言えば丹波篠山!ほんまもんの丹波篠山の味をご賞味下さい。

    枝豆狩り

  • 安納芋

    さつまいもの中でも人気の安納芋の収穫体験。丹波の土は、さつまいもも美味しく育てます。

    いも掘り

  • 栗拾い

    あと2~3年はかかりそうなので?!それまでは、ワラビやフキなどの山菜狩りをお楽しみ下さい。

    栗拾い