篠山で枝豆狩りは、丹波篠山黒豆畑へ

友だち追加数
豆ログ

丹波栗、黒枝豆と丹波篠山ほんまもんの秋の味覚をお届けします

丹波栗、枝豆、山の芋、、、秋の丹波篠山は味覚の宝庫です。
京阪神からも高速道路を使えば一時間前後で来る事ができる丹波篠山ですが、10月の土日ともなれば、秋の味覚を求めて来る客さまで高速道路を降りるのも一苦労。
そんな丹波篠山の秋の味覚をご自宅へお届けします。

丹波と言えば丹波栗

■丹波といえば栗、栗といえば丹波

丹波栗

 丹波篠山の秋と言えば、松茸、枝豆、丹波栗!

 もう何年も丹波松茸を目にした事はありませんが・・・

 「丹波の山中より出ずるものを上品とす。
  大きさ鶏卵の如し。諸州之を栽培するも丹波に及ばず」

 と、古来より丹波栗は品質が良く大粒であった為、江戸時代には
 丹波黒大豆と同様に幕府に献上されていたという丹波栗。

 丹波栗が採れるのは9月中旬頃~ 
 でも9月にお届けする栗は、実はあまり美味しくないんです。

 なんでも採れたてが一番!

 新鮮な方が美味しいに決まってる!

 でも栗に関しては、当てはまらないようです。

 

■美味しい栗とは!?

 栗を買いに来られたお客様にはよく話をするのですが・・・

 採れたての栗は、実はあまり甘くは無いんです。
 0度前後の氷温で、1ケ月前後冷蔵庫に貯蔵する事によって栗本来の甘みが増します。
 常温保存して甘みを出すサツマイモみたいなもんです。

 

■栗には虫がつきもの

 枝豆でも野菜でもなんでもそうですが、虫の着かない野菜を食べれますか?

 虫食いの栗は、穴が空いているので選別の段階で分かるのですが、虫の卵が産みつけられているかどうかまでは分かりません。
 実は、ほとんどの栗には鬼皮といわれる堅い皮の内部に、クリシギソウムシやクリミガといった虫が卵を産みつけています。
 そして、その卵が収穫時期前後に孵化した虫が栗の実を食べていきます。

 これを防ぐには、毬の段階で消毒する他に方法が無いのですが、いくら消毒しても虫の卵まで殺す事はできません。

 収穫後に0度前後で保存すると、虫と卵の活動は止まるようです。
 ただし、常温に戻すと活動を再開するそうです(--)
 出荷の段階で虫に食われていなくても、卵を産みつけられた栗は流通の段階で孵化した虫に食われます。
 これが虫食いの栗の原因です。

 栗を収穫後に薬剤による燻蒸処理をする方法もあるようですが、味が落ちるとか!?
 健康的ではないですよね。

 対策として、こちらで販売する栗は温湯消毒を施しています。50度前後のお湯に30分ほど浸して消毒します。
 産みつけられた虫の卵を高温で殺してしまうわけです。
 温湯消毒後には氷温貯蔵をして、栗本来の甘みを出します。

 温湯消毒をすると栗の皮の艶が無くなるので、あまり美味しそうには見えないのが難点ですが・・・。

 以上の事を踏まえて、ほんまもんの丹波栗をお買い物下さい^^

 お買い物

 

丹波篠山ほんまもんの黒枝豆

■黒枝豆の食べ頃は?

黒枝豆

 最近では、どこでも作られるようになってきた丹波黒大豆。そして、有名になるにつれ、県外産など偽物も出回るようになって困ったものです。

 篠山市では、品種の違う早生の枝豆と区別する為、毎年10月初旬に解禁日を設けています。丹波黒の枝豆は、9月に食べる事はできません。9月に売っている枝豆は、丹波黒の枝豆ではないと思っていただいて間違いありません。

そして、最近は篠山市内でも市外産、県外産の枝豆が出回っているようです。また同じ篠山市内でも、畑が変われば味が違い、食べる時期が異なれば、同じ畑でも味が異なる。一口に枝豆といっても、奥が深い丹波篠山の黒枝豆です。

 解禁日頃の枝豆は、不味くはないですが旬の枝豆を食された事がある方にとっては、甘みも濃くも少し物足りない!?まだまだ青い枝豆です。

やはり食べ頃は、10月中旬頃からでしょうか!?

 

黒枝豆

 10月後半には、黒みがかり始める黒枝豆 
 丹波黒の枝豆は、元々お正月の煮豆にする黒大豆です。
 黒くなって当たり前! 
 少し黒く色付き始めた頃が実に美味しい。

 美味しくなりだす10月中旬頃から出荷致しますが、土日祝は枝豆狩りで忙しい為、平日のみの出荷となります。

 可能な方は、是非ご自身で枝豆を採りに来てみて下さい。

 黒枝豆のお買い物

 

ジャンボ落花生

■篠山で落花生?

黒枝豆

 篠山で落花生?あまり聞きません。関西でもあまり馴染みが無いかもしれません。篠山の土は粘土質で落花生栽培には不向きだからです。
篠山で流行らせてやろうと昨年から作り始めました。作ってみると意外に美味しく、評判も上々!

 皆さん知ってました?関東の方では茹でて食べるのが一般的なんです。関西では馴染みがないのでびっくりですね。
2年目の今年、既に流行の兆し!?

味もさることながら、土の中から大きな落花生が出てくるのが実に楽しい。子どもだけでなく大人も楽しめる落花生掘り。

 でも、ドロドロに汚れたくない!!、、、という方は、お買い求め下さい^^

 

黒枝豆

 湯がいてみるとこんな感じです。
 枝豆よりも病み付きになるかも!?
 

 

 

 黒枝豆のお買い物

 

 

 

 

収穫体験

枝豆狩り

枝豆狩り 1株 450円

言わずと知れた丹波篠山ほんまもんの黒枝豆。日ごとに濃くと旨味が増す丹波篠山の黒枝豆を収穫体験。 おすすめ試食をご用意してます。

落花生掘り

落花生掘り 2株 1000円

昨年から始めた落花生掘り。茹でて食べるジャンボ落花生は、関西ではなかなか味わえません。 人気売り切れ必至!

芋掘り

いも掘り 3株 1,100円

丹波篠山の土は粘土質で、サツマイモには不向きと思われがちですが、意外と美味しいサツマイモが採れるんです。

↑ PAGE TOP

Copyright© 2018 FullMind All Rights Reserved.